フルーツ青汁にはカフェインも含まれている?気になるところ・・・

「夜、食欲を抑えたいから置き換えダイエットにフルーツ青汁を活用したいんだけど、カフェイン入りだったら授乳中でも大丈夫?」

 

そうですね、しっかり成分を確かめておきたいところです。

 

カフェインを含む飲み物として、ほうじ茶・ウーロン茶・番茶・玄米茶・紅茶・緑茶・コーヒー・ココア・栄養ドリンク・コーラなどがありますね。

 

コーヒーでカフェインを考える

 

授乳中にコーヒーを2,3倍飲んだとしても赤ちゃんへの母乳への移行は1%程度と言われています。

 

この程度では赤ちゃんには影響はないものと言えます。

 

カフェインの過剰摂取が赤ちゃんに与える影響

 

  • 寝付かなくなる
  • 夜泣きなどが多くなる。
  • 情緒不安定が見られる。

 

ご安心ください。これを守れば、カフェインの過剰摂取を抑えられます。

 

<カフェインの正しい摂り方>

 

  1. 1日2,3倍程度に抑える。
  2. 授乳後に飲む(カフェインは摂取してから5時間後に半分を排出します)

 

ではフルーツ青汁にはカフェインが入っているの?

 

フルーツ青汁にはカフェインは含まれておりません。

 

青汁と聞くと苦みや匂いでカフェインが入っているのではと思われるかもしれません。

 

以前は、その苦みや匂いの強いケールを主体に作られておりました。

 

今は、それを解決すべく「大麦若葉」が代わって青汁に使われるようになりました。

 

飲みやすさをさらにアップさせて栄養面や美容面も考えて青汁にフルーツを加えた商品が出ています。

 

なかには風味で飲みやすくするために抹茶や緑茶が含まれている商品もあります。

 

ですが、ごく微量なので、母乳には影響はないと思われます。

 

また、青汁が母乳に混ざることはありません。

 

フルーツ青汁を活用するといいことが

 

特に授乳期は、太りやすくなりますね。

 

フルーツ青汁は生きたまま届く乳酸菌や食物繊維を豊富に含んでいるので、お通じにとてもいいのです。
さらに栄養豊富な大麦若葉・明日葉、代謝をよくする酵素が豊富に含まれ、美容面でも期待できます。

 

そんなお悩みを解決してくれるのが、「すっきりフルーツ青汁」なのです。

 

生きたまま届く 有胞子性乳酸菌を含み、女性に嬉しい成分、アカシア・藍藻・ザクロ・グアーガム・アカメガシワ・βカロチンも配合されております。

 

美容面でもビタミンC・プラセンタ(植物由来)・セラミドでサポート。

 

フルーツ青汁には、葉酸を含む商品もあります。

 

葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない成分でもあり、産後のお母さんの体力を回復をサポートする働きがあります。

 

すっきりフルーツ青汁には、葉酸を含む豆乳パウダーが含まれているので、お母さんの強い味方になりますね。

 

健康のために我慢して飲むのもストレスのもとになります。

 

味が苦手なら粉末タイプやつぶタイプを選ぶのも手です。

 

これも「すっきりフルーツ青汁」は満たしてますね。

 

至れり尽くせりの「すっきりフルーツ青汁」なのです。

 

一日に必要な栄養素をいっぺんに摂れる「すっきりフルーツ青汁」。お水や牛乳に溶かして飲むだけの手軽さ。

 

女性だけでなくお子様からお年を召した方まで安心してご利用できます。

 

是非、この機会にフルーツ青汁を試してみませんか?

 

>>すっきりフルーツ青汁の詳細はこちら