フルーツ青汁は飲みすぎてはいけないってホント!?危険性を検証

「お正月に寝正月で太ってしまいました。フルーツ青汁で手っ取り早く減量に励みたいのですが、飲みすぎると副作用とかで危険なのでしょうか?気になってしょうがないです」

 

なんでも摂りすぎや食べすぎはよくないですね。

 

結果を早く出すためだけでなく、きちんと決められた方法で実践するのが間違いないと思います。

 

例えば「すっきりフルーツ青汁」という商品があります。

 

スティックに入った粉末状の商品ですが、お水などに溶かして飲むのが基本です。

 

これを大量に飲むとまれにお腹がゆるくなり、もしかするとお腹が痛くなる可能性も。

 

濃さを調節したり、飲む回数を決めるなどの配慮が必要になってきます。

 

また、急激に10キロも体重が減ったなども気をつけたほうがよいです。

 

無理をせず何でもかんでも制限するのも危険です。

 

体にはある程度エネルギー源も必要です。

 

これを機会に食生活を見直し、徐々に体重を落としていくのがベストです。ダイエットはあくまでも摂取カロリーが消費カロリーをオーバーしなければいいだけ。

 

体重もそうですが、体脂肪を落とす理想的な方法があります。

 

理想的な体重・体脂肪の落とし方

 

食事:食事を抜くことは避けた方がいいです。摂取エネルギーを減らすと体が飢餓状態になり、脂肪をため込んでしまい危険です。

 

3食バランスよく摂取するのが理想です。

 

大食いやドカ食いは血糖値を急上昇させ、消費されないエネルギーを体脂肪に変えるインシュリンの分泌増加へつながります。

 

この際にインシュリンノ分泌を抑えるためにも、栄養バランスの良い食事を見直すこともいい機会かもしれません。

 

その点、すっきりフルーツ青汁は大麦若葉や明日葉を使用しているので、栄養バランスが優れていると言えます。

 

食生活で見れば、本来日本食は理にかなった食事でもあるのです。

 

運動

 

体脂肪を落とすには有酸素運動が理想です。酸素を取り込んで脂肪を燃焼させます。ウォーキングや水泳など体への負担が少ない運動がいいですね。

 

インナーマッスルをご存知でしょうか?表に出てくる筋肉ではなく、深い層にある小さな筋肉のことを言います。

 

気功やヨガ、太極拳で鍛えることが可能です。

 

インナーマッスルを鍛えると基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼させます。

 

代謝を上げることで消費エネルギーが高まります。

 

有酸素運動をする余裕がない時にインナーマッスルを鍛えることも有効です。

 

体重を落とすことより体脂肪を意識する

 

ダイエット=体重を減らすというイメージがありますが、体重が落ちたからと言って体脂肪が落ちるとも限らないのです。

 

落ちたのは水分や筋肉の可能性があるのです。

 

食事制限を無理にすると骨まで細くなることもあり危険な状態になります。

 

必要な栄養を摂りながら、いかに代謝を上げ消費エネルギーを抑えるかがポイントのようです。

 

すっきりフルーツ青汁は、栄養豊富な大麦若葉や明日葉を含み、81種類の酵素を加え、栄養面でもサポート。

 

女性に嬉しい美容成分も配合されております。

 

フルーツ青汁を効果的に使用すれば、副作用や危険なことはありません。

 

是非、健康維持と食生活の見直しにフルーツ青汁を活用してみてください。

 

>>すっきりフルーツ青汁の詳細はこちら