ダイエット中の朝食にオススメなのは?

みなさん、ダイエット中の朝食は どうされていますか? ダイエット中は 朝食を食べる方が良いのか、それとも食べない方が痩せるのか、 ダイエットに効果があるのはどちらなのか気になりますよね。

 

朝食を食べる食べないには いろいろな説があり迷ってしまいます。 朝食を食べなければ その分カロリーが抑えられると思ったり、 また 朝はあまり時間もないし そんなにお腹も空いてないという理由で 朝食を食べない方も多いかもしれませんが 「ダイエット中こそ朝食が重要である」という理由を見ていきたいと思います。

 

人間の体は空腹時間が長ければ長いほど 次にお腹に入ってくる物を体脂肪に変えようとする働きが強まると言われています。 飢餓対策が働くのですね。

 

そのため朝食を食べずにいると 長時間食べ物を体の中に入れないことにんるので 次の食事の時にドカ食いをしてしまったり、 血糖値を急激に上昇させたりして 太りやすくなってしまうことが考えられます。 また、お腹が空き過ぎて お昼ご飯まで待てずに ついついお菓子に手が伸びてしまう原因にもなりやすいですよね。

 

また、朝 お腹が空かずに 朝食を食べられないという場合、 前の晩に夕食を食べ過ぎていたり お酒を飲み過ぎていたりと 食生活が不規則になっていることも考えられます。 あまり遅い時間にたくさん食べてしまうと 食べ物がうまく消化されないままになってしまうので なるべくなら夕食は軽くすませたいものです。 

 

そして私達の体に備わっている体内時計ですが この体内時計の正常化は ダイエットにも深く関係してきます。 朝、食べることによって体温をしっかりと上げると 脳や内臓の働きが活発になり代謝がよくなるため 効率よく脂肪が燃焼されます。 食べた物を溜め込まずに使い切るように体が働くようになります。 しっかりと体にエネルギーが行き渡るので 集中力や行動力もアップ。 仕事や勉強を効率よくこなすことに繋がります。 そのためにも朝食をしっかり食べて 体内時計を正常化していくことも大事なのです。

 

ダイエット中にオススメの朝食メニュー

 

しっかり朝食を食べるといっても 朝は何かと忙しくてあまり時間がないというのが現実ですよね。なので朝食向きというと やはり簡単に用意できるものが良いですね。 前の晩に下準備をしておくと 朝、時間がかからずに済みますね。

 

<ダイエットの王道、和食>

 

ご飯はパンよりも腹持ちがよく、栄養のバランスがとりやすいのでオススメです。 量をたくさん食べなくても満足しやすく 満足感が長持ちするため 余計な間食を減らす効果があります。

 

<腸内環境を整えるヨーグルト>

 

ヨーグルトは腸内環境を整える乳酸菌たっぷり含んでいます。 腸内環境を整え便秘を解消、血流も良くなると新陳代謝が活発になり痩せ体質に。
また炭水化物や 脂質、タンパク質なども含まれています。 フルーツなどと合わせるとバランスが良くなりますね。

 

<超お手軽シリアル>

 

忙しい朝はシリアルがとても便利ですよね。 ただ 気を付けたいのは シリアルの中には砂糖をたくさん含んでいるものもあること。 なるべくプレーンなものを選び フルーツやナッツ類をトッピングしてバランス良くいただきましょう。

 

<洋食の代表 パン>

 

パンはごはんに比べて腹持ちが悪く 付け合わせるおかずも高カロリーなものになりがち。 どちらかというとお米の方がオススメなのですが 朝食にパンは人気がありますよね。 パンにスープやサラダ、卵などを添えて 栄養のバランスを工夫してみて下さい。 パンは 軽いフワフワのよりも ハード系の噛み応えのあるものなどがオススメです。

 

朝、お腹が空いていなくてどうしても食べられない・・・

 

朝食を食べた方がいいのはお分かりいただけたと思いますが どうしてもお腹が空かなかったりして朝食を食べられない方もいらっしゃると思います。 無理に食べると胃がもたれたりするので そういう場合は 野菜ジュースや 野菜とフルーツのスムージー、 そして青汁などもオススメです。

 

特に青汁は水に溶いて飲むだけなので 時間のない朝にぴったりです! ただ 美味しくないと飲みたくなくなってしまいますよね。 最近は青汁なのに苦くなくフルーツジュースの味がするものもあります。

 

「すっきりフルーツ青汁」などが そうですね。 健康だけでなく美容にいい成分もたっぷり含まれているのに美味しいと話題になっています。

 

「すっきりフルーツ青汁」を上手に使って 朝からしっかり栄養補給をしてみませんか?

 

>>すっきりフルーツ青汁の詳細はこちら