ファスティングでアレルギー症状が軽くなる!ファスティングの驚く効果

最近 良く聞きますよね、「ファスティング」という言葉。 「ファスティング」というのは「断食」のことなんですが 「ファスティング」というと ダイエットのために取り組んでる方が多いのかな、という印象があります。 そして、「断食」というと お寺で修行する僧侶のイメージでしょうか? 

 

さて、このファスティングですが、ファスティングをダイエット目的に始めた方でも 体重が減るというよりも 便秘が治ったり 肌の調子が良くなったり 中にはアレルギーの症状が軽くなったりという本来の目的とは少し違った結果を感じた方も多いんではないでしょうか。 ファスティングでアレルギーが軽くなるなんて 驚きますよね。

 

実は、ファスティングの本質は ダイエットというより断食療法だと言えるのですが ファスティングをすることによって様々な嬉しい効果が期待できるんです。 今回はその中でも、ファスティングによるアレルギー症状への効果について見ていきたいと思います。

 

アレルギーが発症するのはどうして?

 

まずは アレルギーが何故発症するのかというと アレルギーは 人体の免疫細胞のバランスが崩れてしまうことで発症します。

 

免疫細胞には Th1とTh2という細胞がありますが この二つの細胞がバランスを取り合い 免疫を維持しています。 でも、生活習慣が乱れ 食生活が偏ったり 強いストレスを受けたりというのを繰り返していると 摂取、蓄積された食べ物の毒素や排出しきれない老廃物によって 少しずつ免疫細胞のバランスが崩れてしまいます。 そうすると Th2細胞が優位になり 免疫システムが異常を起こし 肌の荒れやかゆみ、アトピー性皮膚炎などの 皮膚疾患、花粉症や食物アレルギーといった症状になって現れてくるのです。

 

ファスティングが アレルギーに効果的な理由

 

私達 現代人は太っていない人でも ほとんどの人が自分の体の消化能力以上の物を食べてしまっています。 きちんと消化されなかった食べ物は 体内の至るところに蓄積されてしまうのですが 食べ物が体に入ってこないと 体は脂肪や毒素を溶かし燃やし始めます。 

 

血管内では悪玉コレステロールが溶かされ 血液の循環が良くなり 肝臓や腎臓でも不要物が取り除かれると 解毒機能が活性化されます。 そういったクリーニングが全身の臓器官で行われ 細胞が活性化し若返ります。

 

また腸内には 宿便というものがあると言われています。 宿便は長年腸壁にこびりついている排泄物だと言われたり 長年こびりついた便というのは考えにくく 何かしらの腸の汚れや毒素を回収した胆汁ではないかと言われたりしていますが、 ファスティングをすると 普段消化に使われるエネルギーを 排泄活動に回すことができ 腸が活性化して宿便を出すことができると言われています。

 

そして、気を付けてはいても 私達の体には様々な経路で化学物質が入ってきます。 化学物質も少量では大丈夫かもしれませんが 体内に蓄積すると病気の原因になったりしますよね。 ファスティングをすると そういった化学物質も排出することができると言われています。

 

ファスティングによって 様々な蓄積物や毒素を排出することによって 細胞が活性化され、免疫細胞のバランスが整えられて免疫力が上がることによってアレルギー症状が緩和するということなんですね。

 

ファスティング中の水分・栄養補給にお勧め!

 

ファスティング中は極力食べずに過ごしますが 水分はしっかりと摂取します。 その時にお勧めなのが「すっきりフルーツ青汁」です。 「すっきりフルーツ青汁」は 野菜とフルーツのエキスに生きた乳酸菌が配合され 消化に負担をかけず体に必要な栄養素を取ることができます。 フルーティーな味わいで飲みやすいと評判です♪ 

 

>>ファスティングに効果的!「すっきリフルーツ青汁」はこちら