ファスティングの正しい方法が知りたい!

日々酷使されている内臓を休めることで、体内をデトックスすることのできるファスティングが最近注目を浴びています。

 

ファスティングは正しい方法で行わないと、期待するファスティングの効果が半減するとも言われています。

 

そこで、今回は正しいファスティングの方法をご紹介します。

 

ファスティングの正しい方法とは?

 

ファスティングは、準備期を経てからファスティングを行い、ファスティング終了後は複食期間を設けるといった一連の流れがあります。

 

以下に詳しいファスティングの方法をご紹介します。

 

<準備期>

 

本格的にファスティングを行う前に、準備期という身体を慣れさせる期間が必要となります。

 

3日間ファスティングを行う際には3日間準備期を設けるといった、ファスティングを行う期間と同じ日数を準備期として設けるようにしましょう。

 

準備期は、腹7〜8分目を心がけて和食中心の食生活を心がけましょう。

 

そして、間食やアルコールを控えて、ゆっくりよく噛んで食事をすることも大切です。

 

<ファスティング>

 

ファスティングの期間は、水または酵素ドリンクのみで過ごすようにしましょう。

 

酵素水をお腹が空いたときに飲むと、空腹が紛れるのでお勧めです。

 

基本的にファスティングを行う期間は1〜3日が一般的です。3日以上のファスティングは、危険を伴うこともあるので必ずファスティングに詳しい医師などの指導のもと行うようにしましょう。

 

<復食期間>

 

ファスティングを行った後は、必ず復食期間を設けるようにしましょう。この復食期間は、通常の食事に戻すための準備期間となるので、ファスティングを行った日数分と同じ期間を設ける必要があります。

 

復食期間の食事は、まずは重湯や具の入っていない味噌汁などの完全流動食から始めて、徐々に固形物を食べるようにしていきます。

 

固形物を食べ始めたときも、お肉などの脂っこい物の摂取は控えて、和食中心の食生活を送るようにしましょう。

 

ファスティングをしても痩せなかった人の共通点とは?

 

ファスティングを行っても思うように体重が落ちなかったという方もいるみたいです。

 

そのような方に一貫して多いのは、ファスティングを行った後に、お肉を食べたり甘い物を食べたりしていて復食期間をしっかり設けていないことです。

 

この復食期間をしっかり設けることで、痩せやすい体質やリバウンドの防止に繋がるので、この期間は、消化の良い流動食を中心に摂り、徐々に体を慣らすことを心がけることが重要です。

 

また、ファスティングを行った後の1週間くらいは和食中心の食生活を心がけると、さらにダイエット効果が高まります。

 

ここまで、ファスティングの方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ファスティングは、準備期間や復食期間の過ごし方も重要になってきます。ダイエット効果やデトックス効果をきちんと得たい方は、今回の記事を参考にして、準備期間と復食期間を丁寧に過ごすようにしましょう。

 

ファスティングは、自分の体と向き合う良い機会となるので、興味を持たれた方は是非一度お試しされてみるといいかもしれませんね。

 

>>ファスティングに効果的!「すっきリフルーツ青汁」はこちら