ファスティングがヨーグルトでできる?

ファスティングと言えば、酵素ドリンクを取り入れる方法が主に行われていますが、ヨーグルトでも行うことが出来ることをご存知ですか。

 

ヨーグルトだと、低コストで無理なく行えるので、気軽にファスティングをしたい方に適した方法だと言えます。

 

今回は、ヨーグルトを用いたファスティングの方法をご紹介します。

 

なぜヨーグルトでファスティングができるの?

 

基本的にファスティングは、酵素ドリンクを飲むことでビタミンやミネラルなどの必要が栄養を補給しながら行います。

 

ヨーグルトでも、ファスティングが行える理由として主に挙げられるのは、ヨーグルトはビタミンやミネラルの他にタンパク質も同時に摂取できることです。

 

ファスティング中は、固形物を食べないのでどうしてもたんぱく質が不足してしまいがちです。

 

そうなると、筋肉が減りやすくなってしまうので、ヨーグルトを摂ることで筋肉の分解を抑える効果が期待できます。

 

さらに、ヨーグルトを摂取することで腸内環境を整えることが出来るので、ファスティングのデトックス効果を高めることができます。

 

ヨーグルトによるファスティングの方法を紹介

 

ヨーグルトによるファスティングは、準備期間と復食期間を合わせた3日間を目安に行うようにしましょう。週末を利用して行うとよさそうですね。

 

以下に具体的なヨーグルトにファスティングの方法をご紹介していきます。

 

<準備期間>

 

ヨーグルトによるファスティングを行う前日は、準備期間となるので食事は和食中心にして、軽めに済ませるようにしましょう。

 

<1日目>

 

1日目は朝・昼・夜の3食すべてを、無糖ヨーグルト100gと100%野菜ジュース200〜400mlか豆乳にします。

 

食事の他に、1.5〜2リットルの炭酸水を1回300mlくらいに分けて飲むようにすると、空腹を紛らわせることができます。また、炭酸水にレモン汁を加えることで脂肪燃焼効果を高めることもできます。

 

<2日目>

 

朝・昼食は、1日目と同様にヨーグルトと野菜ジュースの食事内容にして、夕食は、おかゆ1杯と具なし味噌汁1杯にします。

 

2日目も、食事以外に1.5〜2リットルの炭酸水を飲むようにしましょう。

 

<3日目>

 

最終日は、復食期となるので、朝はおかゆ1杯と具なし味噌汁1杯のみとなります。昼食から、普段通りの食事に戻すことができます。

 

ただ、普段通りの食事に戻しても食べ過ぎには注意をして、和食中心の料理を食べることを意識しましょう。

 

この時に食べ過ぎたり、脂っこい食事を摂ってしまうと、ファスティングの効果が半減してしまう可能性がありますので、注意してください。

 

以上、ヨーグルトで行うファスティングのやり方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ヨーグルトは、お店で気軽に手に入れられることができて、コストも安く済むのもいいですよね。

 

ただ、体の代謝を高めてくれる酵素や、ビタミン・ミネラルの含有量は酵素ドリンクの方が優れているので、体重を落とすことをメインに考えている方は、酵素ドリンクでのファスティングを行った方がいいかもしれませんね。

 

>>ファスティングに効果的!「すっきリフルーツ青汁」はこちら